2017年度(中間)発表文献

学会誌論文
  • 阿部圭佑, 江尻開, 松岡成居, 熊田亜紀子, 日髙邦彦, 道念大樹, 月間満: 真空ギャップにおける微小粒子による絶縁破壊現象, 電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌), Vol. 137 No.1, pp.95-100 (2017-1)
  • Y. Inada, T. Kamiya, S. Matsuoka, A. Kumada, H. Ikeda, and K. Hidaka: Instability Phenomenon of High-Frequency Vacuum Arc Discharge Associated with Anode Activity, J. Appl. Phys. , Vol. 121 143302-1, 7pp (2017-4)
  • Y. Inada, A. Kumada, H. Ikeda, K. Hidaka, T. Nakano, K. Murai, Y. Tanaka, and T. Shinkai: Comparative Study on Extinction Process of Gas-Blasted Air and CO2 Arc Discharge Using Two-Dimensional Electron Density Imaging Sensor, J. Phys. D:Appl. Phys., 50 (2017) 175202, 12pp (2017-3)
  • Y. Inada, K. Aono, R. Ono, A. Kumada, K. Hidaka, and M. Maeyama: Two-Dimensional Electron Density Measurement of Pulsed Positive Streamer Discharge in Atmospheric-Pressure Air, J. Phys. D:Appl. Phys., 50 (2017) 174005, 8pp (2017-3)
  • 佐藤正寛,熊田亜紀子,日髙邦彦: 機械学習および量子化学計算を用いた気体材料の絶縁破壊電界・沸点予測の精度向上に関する一検討, 電気学会論文誌A, Vol.137, No.7, pp.422-427 (2017-7)
  • 佐藤正寛,熊田亜紀子,日髙邦彦, 平野敏行, 佐藤文俊: 量子化学計算を用いた液体ヘキサン中正孔移動の検討, 電気学会論文誌A, Vol.137, No.7, pp.435-441 (2017-7)
  • Shota Sasaki, Yutaro Hokari, Akiko Kumada, Makoto Kanzaki and Toshiro Kaneko: Direct plasma stimuli including electrostimulation and OH radical induce transient increase in intracellular Ca2+ and uptake of a middle-size membrane-impermeable molecule, Plasma Processes and Polymers, 9pp (2017-7)
  • Amalina Abdullar, Channarong Banmongkol, Naebboon Hoonchareon and Kunihiko Hidaka: A study on the Gustafson-Kessel Clustering Algorithm in Power System Fault Identification, Journal. of Electrical Engineering and Technology, Vol. 12, No.5, pp.1798-1804 (2017-9)

国際会議論文
  • Amalina Abdullah, Channarong Banmongkol, Naebboon Hoonchareon, Kunihiko Hidaka: Implementation of Adaptive Neuro-Fuzzy Inference System in Fault Location Estimation, International Conference on Robotic, Vision, Signal Processing and Power Applications , Penang, Malaysia (2017)
  • M. Sato, A. Kumada, K. Hidaka, T. Hirano, F. Sato: Computational insights into carrier transfer and injection in liquid organic insulators, 2017 IEEE ICDL (19th IEEE International Conference on Dielectric Liquids), S4, Manchester, United Kingdom (2017)
  • S. A. Boggs, A. Kumada, K. Karasawa, T. Kisakibaru: Power Dissipation in Stress Grading as a Function of CAT-SG Interface Topology, 35th Electrical Insulation Conference, Baltimore, Maryland, USA (2017)
  • A. Kumada, D. Onishi, Y. Morita, T. Nakamura, K. Hidaka, S. A. Boggs, Y. Tsuboi, T. Kisakibaru, and K. Karasawa: Surface Corona inception on stress grading system in end-turn regions of ratating machines, INSUCON 2017 (13th International Electrical Insulation Conference), Birmingham, UK (2017)
  • M. Sato, A. Kumada, K. Hidaka, T. Hirano, F. Sato: Quantum chemical analysis of the effect of impurities on carrier transfer properties in polyethylene, 20th ISH 2017 (20th International Symposium on High Voltage Engineering), PD2, Buenos Aires, Argentina (2017)
  • M. Sato, A. Kumada, and K. Hidaka: Prediction of electric breakdown field and boiling point of gases using kernel ridge regression, 20th ISH 2017 (20th International Symposium on High Voltage Engineering), OD5, Buenos Aires, Argentina (2017)
  • H. Ejiri, A. Kumada, K. Hidaka, T. Donen, and M. Tsukima: Breakdown Triggered by Microparticle in Vacuum Gap, 20th ISH 2017 (20th International Symposium on High Voltage Engineering), PC1, Buenos Aires, Argentina (2017)
  • A. Kumada and K. Hidaka: Dielectric Properties and Suitability of CF3I and its Mixture as Insulation Medium to Gas Insulated Transmission Line, 20th ISH 2017 (20th International Symposium on High Voltage Engineering), OD1, Buenos Aires, Argentina (2017)
  • Y. Inada, S. Yamaguchi, H. Nagai, S. Matsuoka, A. Kumada, H. Ikeda, K. Hidaka, and M. Maeyama: Electrode Material Dependence of Vacuum Breakdown Intiation Process, 20th ISH 2017 (20th International Symposium on High Voltage Engineering), OD6, Buenos Aires, Argentina (2017)
  • D. Onishi, A. Kumada, K. Hidaka, T. Umemoto, Y. Otake, and T. Tsurimoto: Surface Potential Measurement of Stress Grading System of High Voltage Rotating Machine Coils Using Pockels Field Sensor, 2017 ISEIM (International Symposium on Electrical Insulating Materials), paper No. D4, 豊橋商工会議所、愛知県豊橋市, pp.95-98 (2017)
  • M. Sato, A. Kumada, and K. Hidaka: Atomistic Modeling of Charge Transport in Polyethylene, 2017 ISEIM (International Symposium on Electrical Insulating Materials), paper No. SAP3, 豊橋商工会議所、愛知県豊橋市, pp.474-477 (2017)
大会・研究会
  • 永井裕之, 松岡成居, 熊田亜紀子, 日髙邦彦, 稲田優貴:シャックハルトマン法によるSF6ガス吹付けアークの二次元電子密度測定, 平成29年度放電・静止器・開閉保護合同研究会, ED-17-072 SA-17-039 SP-17-005 (2017.7.19)
  • 稲田優貴, 永井裕之, 松岡成居, 熊田亜紀子, 池田久利, 日髙邦彦, 前山光明:CuCr電極間に点弧させた真空アーク内における2次元電子密度分布のCr含有量依存性, 平成29年度放電・静止器・開閉保護合同研究会, ED-17-074 SA-17-041 SP-17-007 (2017.7.19)
  • 江尻 開,八幡裕人,田口裕樹,熊田亜紀子,日髙邦彦,岩渕大行, 稲田優貴, 山納康, 前山光明, 金子英治:真空アーク中の微小粒子放出, 平成29年度電力・エネルギー部門大会, P77, (2017.9.5)
  • 田口祐樹, 山納康, 稲田優貴, 前山光明, 岩渕大行, 江尻開, 熊田亜紀子, 日髙邦彦, 八幡裕人, 金子英治:真空アークにより生成される電極表面上の微粒子分布の計測, 平成29年度電力・エネルギー部門大会, P78, (2017.9.5)
  • 梅本貴弘,釣本崇夫,熊田亜紀子,日髙邦彦,Boggs Steven,木崎原 智仁,櫻井 孝幸,柄沢 一成:インバータ駆動回転機のコイルエンド電界緩和システムにおける局所発熱低減手法の検討, 平成29年電気学会 基礎・材料・共通 部門大会, 19-A-p2-4, (2017.9.9)
  • 中村隆央,熊田亜紀子,日髙邦彦,吉満哲夫,平井宏光,今井隆浩:ナノコンポジットエポキシ樹脂中の電気トリーにおける部分放電, 平成29年電気学会 基礎・材料・共通 部門大会, 20-A-p1-3, (2017.9.20)
  • 徳弘誠,中村隆央,松岡成居,熊田亜紀子,日髙邦彦,加藤達朗,山極時生:X線位相イメージングによる電気トリーの経時変化観察, 平成29年電気学会 基礎・材料・共通 部門大会, 20-A-p1-4, (2017.9.20)
  • 田口裕樹,山納康,稲田優貴,前山光明,岩渕大行,江尻開,熊田亜紀子,日髙邦彦,八幡裕人,金子英治:大電流真空アーク遮断後における電極の陽極表面状態の電極材料による影響, 平成29年電気学会 基礎・材料・共通 部門大会, 19-P-43, (2017.9.19)
  • 江尻開,熊田亜紀子,日髙邦彦:真空ギャップ中微小粒子挙動のモンテカルロシミュレーション, 平成29年電気学会 基礎・材料・共通部門大会, 19-P-32 , (2017.9.19)
著書
  • 日髙邦彦, 清水五男(監修), 金澤恵司, 佐竹一郎, 末森保志, 長久大, 土井雅貴, 永本浩一, 堀桂太郎(編集):「精選電気基礎」新訂版, 監修, 実教出版 (2017-1)
受賞
  • 江尻 開 (日髙・熊田研 M2): 電気学会 電力・エネルギー部門大会 論文委員会, YPC奨励賞, 真空アーク中の微小粒子放出 (2017年9月5日)
  • 江尻 開:電気学会 電力・エネルギー部門大会, YPC優秀発表賞, 真空アーク中の微小粒子放出(2017年9月6日)
  • 中村隆央 (日髙・熊田研 D3): 電気学会 基礎・材料・共通部門, 優秀論文発表賞, フレネル回折に基づくX線位相イメージングによるエポキシ樹脂中電気トリーの観察 (2017年9月19日)
セミナー・講演・その他
  • 日髙邦彦:水力発電の潜在能力を考える, 電気評論, 2017年 5月号, 電気評論社, p.5 (2017-5)
  • 日髙邦彦:深遠なる電気技術史に思いを寄せて, 電気技術史第74号, 2017年 5月号, 電気学会電気技術史技術委員会, pp.1-2 (2017-5)
  • 日髙邦彦:過去, 現在そして未来における技術開発の方向性を垣間見る, 明電時報 (明電舎120周年記念特集), 2017-03 356号, (株)明電舎, pp.6-8 (2017-7)
  • 日髙邦彦:電気新聞 の「電力設備 影響は限定的 太陽フレアによる磁気嵐 送電停止の可能性低く」の記事で、太陽フレアが原因となる地球への電磁気学的影響についてのコメントが引用された。(2017年9月12日)
知的財産
  • 特許登録済み
    発明の名称:電位差測定のための電位差計および電位差測定方法
    出願人:国立大学法人東京大学、大崎電気工業株式会社
    登録日:2017年3月17日

  • 特許登録済み
    発明の名称:表面電位分布計測装置および表面電位分布計測方法
    出願人:国立大学法人東京大学、東芝三菱電機産業システム株式会社
    登録日:2017年6月16日 日本
        2017年7月17日 アメリカ
        2017年3月29日 中国

  • 特許登録済み
    発明の名称:電気機器の製造方法
    出願人:国立大学法人東京大学、富士電機株式会社
    登録日:2017年5月12日

  • 特許登録済み
    発明の名称:表面電位分布計測装置
    出願人:国立大学法人東京大学、東芝三菱産業システム株式会社
    登録日:2017年6月16日 日本
        2017年7月25日 アメリカ