Top

高電圧・放電現象の解明を目指して
熊田藤井佐藤研究室では、高電圧・放電プラズマ現象を対象として計測手法の開発、物理現象の解明、現象の工学的制御、新しい応用分野の創出など、様々な研究テーマに取り組んでいます。     
More →
About us
高電圧・放電プラズマ現象はいつの時代も神秘的な魅力を提供しています。これを解き明かすことによって,ナノメータの電子デバイスの作製から数千kmの電力輸送ネットワークの構築,更には地球規模,宇宙規模の環境問題に対して,絶えず有効な原理や技術が創出され続けています。特に2011年の東日本大震災以降,電力システムを取り巻く環境は急速に変化し低炭素消費社会の構築に向けシステムの再構築が加速しています。そのような中,高電圧・高電界・放電現象を制御する技術はより重要なものとなっています。
そこで,当研究室では未だ解明されていない高電圧・高電界現象や放電現象を明らかにし,さらにはスマート機器への展開を目指し最新の設備を用いて,研究を行なっています。

Since time immemorial, high voltage and electrical discharge phenomena have been attracting people owing to their mystique. Above all, people have acquired effective principles and technologies for developing nanometer-scale devices, developing global-scale transmission network, and for solving global-scale environmental problems by clarifying such mysterious phenomena.
Since the Great East Japan Earthquake in 2011, the situation of power system is changing rapidly, and the resoncstrution and restructuring of power system is accelerating for the realization of a sustainable energy system. Under such circumstances, the contolling and designing technologies of high voltage/ field phenomena will become increasingly important.
We work in various researches with the latest equipment to clarify the high voltage/electric pheomena and to provide the effective technology for advanced smart power apparatus.

More →

熊田・藤井・佐藤研究室の紹介ポスター紹介動画



News
  • 本研究室OBの江尻開が在学中に執筆した論文”Transient Recovery Voltage in Direct Current Circuit Breaker with Active Current Injection”がIEEE Power Engineering Lettersに採択されました。(2021/7/7)
  • 佐藤正寛講師、熊田亜紀子教授、日髙邦彦名誉教授の3名で「令和3年 電気学会 電気学術振興賞 進歩賞」を受賞しました。
    表彰件名:第一原理および機械学習を用いた誘電絶縁材料の電気物性予測法の創成 (2021/07/01)


    ※電気学術振興賞 進歩賞は、電気に関する学術・技術において、新規な概念・理論・材料・デバイス・システム・方式等を新たに提案、あるいはこれらの提案を実証した者、および電気に関する製品・設備等を新たに完成または改良し、顕著な成果をあげた者に贈られる賞です。
  • 佐藤正寛講師の論文”Probing the Effect of Surface Modification of MgO Filler on Charge Transport in Polyethylene/MgO Composites: From an Electronic Structure Viewpoint”がIEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation に掲載されました。(2021/6/11)
    https://ieeexplore.ieee.org/document/9450683
  • 本研究室OBの江尻開が在学中に執筆した論文”Examination of Excitation Temperature of Vacuum Arc Based on Collisional-Radiative Model”がIEEE Transactions on Plasma Scienceに掲載されました。(2021/6/11)
    https://ieeexplore.ieee.org/abstract/document/9443083
  • 本研究室OBの江尻開が在学中に執筆した論文”Excitation Temperature Imaging of Vacuum Arc Based on Two-Line Radiance Method”がIEEE Transactions on Plasma Scienceに掲載されました。(2021/6/11)
    https://ieeexplore.ieee.org/abstract/document/9439049
  • 平野雄一 (M1) の論文「アノードスポットモード真空アークにおける電子及び中性粒子密度分布」が電気学会論文誌Aに掲載されました。
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejfms/141/6/141_407/_article/-char/ja
  • 佐藤正寛講師の研究成果「第一原理および機械学習を用いた誘電絶縁材料の電気物性予測法の創成」に対し,第77回電気学術振興賞進歩賞の受賞が決定しました。
    https://www.iee.jp/blog/award2021/
  • 本間大成 (M2) の論文”Depth profiling of surface degradation of silicone rubber composite insulators by remote laser-induced breakdown spectroscopy”がSpectrochimica Acta Part B: Atomic Spectroscopyに掲載されました。
    https://doi.org/10.1016/j.sab.2021.106206 (2021/5/02)
  • 研究室紹介ポスターを更新しました。(2021/5/02)
  • 佐藤正寛講師の論文”Charge Conduction in Polymer Dielectrics: Theoretical Perspectives and First-Principle Approaches”がIEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulationに掲載されました。
    https://ieeexplore.ieee.org/document/9405730 (2021/4/16)
  • 研究室のメンバーリストを更新しました。(2021/4/01)
  • 佐藤正寛助教が講師に昇進しました。これに伴い、研究室名を熊田・藤井・佐藤研究室に変更しました。(2021/4/01)
  • 江尻開 (D3) が東京大学から工学系研究科長賞と優秀博士論文賞を受賞しました。嶋川肇 (M2) と菊池諒 (M2) が東京大学から優秀修士論文賞を受賞しました。(2021/3/19)

  • 鈴木遥登 (B4) が東京大学から優秀卒業論文賞,電気学会東京支部から電気学術奨励賞を受賞しました。(2021/3/18)

  • 中村信 (D1)が,令和2年電気学会基礎・材料・共通部門大会の発表に対して,電気学会優秀論文発表賞A賞に内定しました。(2021/3/12)
  • 嶋川肇 (M2) が,IEEE 2020 International Conference on Dielectrics (ICD) での発表「Charge Accumulation / Decumulation on DC-GIS Spacer Under 10,000-hour DC Field Application」に対して,2020 IEEE DEIS Japan Chapter Student Best Paper Presentation Award を受賞しました。(2021/3)
  • 佐藤正寛助教,中村信 (D1) ,中村隆央(卒業生)が,2020年誘電・絶縁材料/放電・プラズマ・パルスパワー/高電圧合同研究会の発表に対して,電気学会優秀論文発表賞A賞に内定しました。(2021/2)
  • 小林拓人(卒業生),嶋川肇 (M2) が,2020年誘電・絶縁材料/放電・プラズマ・パルスパワー/高電圧合同研究会の発表に対して,電気学会優秀論文発表賞A部門表彰に内定しました。(2021/2)
  • 平野雄一 (B4) が筆頭の「アノードスポットモード真空アークにおける電子密度及び中性粒子密度分布」が査読付き論文誌の電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌)に採択されました。
    Yuichi Hirano’s journal paper “Electron and Neutral Density Distributions of Vacuum Arcs Under Anode-Spot Mode” has been accepted for publication in IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials.(2021/1/17)
  • 嶋川肇 (M2) ,平野雄一 (B4) が令和2年放電学会年次大会で優秀論文発表賞を受賞しました。(2020/12/4)

  • 嶋川肇 (M2) ,鈴木遥登 (B4),中野燎平(東京電機大日高研からの指導委託卒論生) が令和2年放電学会若手セミナーで優秀発表賞を受賞しました。(2020/12/4)

  • 江尻開 (D3) 筆頭の「Examination of Excitation Temperature of Vacuum Arc Based on Collisional-Radiative Model」が査読付き論文誌のIEEE Transactions on Plasma Scienceに採択されました。
    Haruki Ejiri’s journal paper “Examination of Excitation Temperature of Vacuum Arc Based on Collisional-Radiative Model” has been accepted for publication in IEEE Transactions on Plasma Science.(2020/11/19)
  • 中村信 (D1) が2020年度東京大学大学院工学系研究科「リーダー博士人材育成基金」特別助成プログラムに採用されました。(2020/10/8)
  • 嶋川肇 (M2) 筆頭の「直流GIS絶縁スペーサ用エポキシ中における電荷輸送シミュレーション」が査読付き論文誌の電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌)に掲載されました。
    Hajime Shimakawa’s journal paper “Charge Transport Simulation in Epoxy used as DC-GIS Insulating Spacer Material” has been published in IEEJ Transactions on Power and Energy.(2020/10/1)
    doi.org/10.1541/ieejpes.140.762
  • 中村信 (D1) が日本学術振興会特別研究員DC2に内定予定となりました。
    Shin Nakamura was adopted as a JSPS DC2-Fellow.(2020/9/25)
  • 中村信 (D1) 筆頭の「Effects of temperature on electrical treeing and partial discharges in epoxy/silica nanocomposites」が査読付き論文誌のIEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulationに掲載されました。
    Shin Nakamra’s journal paper “Effects of temperature on electrical treeing and partial discharges in epoxy/silica nanocomposites” has been published in IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation.(2020/8/5)
    doi.org/10.1109/TDEI.2020.008812
  • 江尻開 (D3) 筆頭の「真空中の絶縁破壊現象のParticle-In-Cellシミュレーション」が査読付き論文誌の電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌)に掲載されました。
    Haruki Ejiri’s journal paper “Particle-In-Cell Simulation for Breakdown Phenomena in Vacuum” has been published in IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials.(2020/6/1)
    doi.org/10.1541/ieejfms.140.318
  • 嶋川肇 (M2) 筆頭の「直流GISにおける絶縁スペーサの表面帯電特性 ——1万時間電圧印加による表面帯電の飽和傾向の調査——」が査読付き論文誌の電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌)に掲載されました。
    Hajime Shimakawa’s journal paper “Surface Charge Accumulation of DC-GIS Spacer ——Investigation of Surface Charge Saturation Tendency by Applying Voltage for 10000 Hours——” has been published in IEEJ Transactions on Power and Energy.(2020/6/1)
    doi.org/10.1541/ieejpes.140.548

Movie

■ アクセス / ACCESS ■
〒113-8656
文京区本郷7-3-1 工学部13号館303
tel 03-5841-6759 fax 03-5841-6725
連絡先 www-admin[at]hvg.t.u-tokyo.ac.jp
Postal code:113-8656
Room #303, Engineering building #13
7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo, 113-8656, Japan
tel 03-5841-6759 fax 03-5841-6725
E-mail: www-admin[at]hvg.t.u-tokyo.ac.jp